始めよう育毛ケア

育毛トニックよりも医薬品がおすすめ

抜け毛を予防することが目的なら、育毛トニックが役立ちます。
シャンプー後の抜け毛を減少させて、髪のボリュームを維持することができます。
すでに髪が減少している状態であれば、育毛トニックよりも医薬品をおすすめします。
医薬品は効果がダントツで高く、育毛剤と発毛剤の効果を比較するとその差は歴然です。
発毛剤は副作用が大きいというデメリットもありますが、普通に使用している分には大きな副作用は起こりません。
気にならない程度の弱い副作用なので、効果のマイルドな育毛剤よりも発毛剤を使用して発毛させるべきです。

医薬品は薬なので、効果と効能をアピールできるのです。
育毛剤にも薬効成分が含まれていますが、医薬品ほどの効果はなく、化粧品に近いと考えていいでしょう。
抜け毛を予防することはできますが、積極的に発毛させるためには向きません。

発毛させるために一番確実なのは、医師の診断を受けてから薬の処方を受けることです。
頭皮診断をして具体的に薄毛の原因を特定していくのです。
原因がわかれば対策も明確となり、原因に対して集中的にケアすることができます。
過剰な皮脂が関係しているならば、皮脂を抑制するために食生活やシャンプーを見直すなどの方法が効果的です。
ストレスが関係しているなら、ストレス解消、早寝早起きなどを徹底し、状況に応じて精神安定剤などを処方してくれます。

医師が処方してくれる薬は、いわばオーダーメイドなのです。
今の自分に最も適した薬を処方してくれるので、ドラッグストアや通販で購入する医薬品よりも効果は上です。
医師の処方薬は個人輸入を利用すれば特別に入手可能ですが、薄毛の原因を特定できない状態では使うのは避けるべきでしょう。

■薄毛に悩んでいるならこちら
フィンペシア